M字はげ治療の病院※AGA治療で精子レス・勃起障害にならない裏ワザ

M字はげ治療専門の病院選びのサイトです。

M字はげの避けるべきところ、目指すべきところのマトリックス

 

このサイトを一通り読んで頂くことで、M字はげ治療で「損する人」になる確率が激減します!

 

実は、「M字はげ」を改善するだけなら、性機能も元気なまま、薬漬けの生活になることなく、人生を楽しむことが出来るのです。

 

「M字はげは勝ち組になれる」

 

このことを胸に刻み、むざむざ「損する人」にはならない様にお気をつけ下さい。

 

 

AGA治療による3つの代償

AGA治療によって背負う代償

  1. プロペシアによる性機能障害、精子への悪影響
  2. 内服ミノキシジルにより毛深くなる
  3. 薬を一生涯続ける必要がある

 

一般的なAGAクリニックの問題点

 

AGAクリニックでは、プロペシア内服ミノキシジルの服用と、外用ミノキシジルを毎日塗布していくことが基本になります。

 

プロぺシアにより、勃起不全になるリスク

 

プロペシアでは、精子への異常から生まれてくる子どもの健康状態に対するリスク、また勃起障害のリスクも覚悟する必要があります。

 

ミノキシジルによって毛深くなる・心臓に対するリスク

 

内服ミノキシジルでは、毛深くなるという代償を覚悟する必要があります。

 

また、ミノキシジルは元々は血圧を下げる薬だったということもあり服用によって動悸が生じたり心臓に痛みを伴うこともあります。

 

一生薬漬けになってしまうリスク

 

ミノキシジルやプロペシアは内服をやめてしまうと髪の毛の量が少なくなってしまいます。

 

その為、毛量を維持する為には、一生涯、薬の服用を続けていく必要があります。

 

 

M字ハゲ患者は知りたく無かったAGA治療のショックすぎる現実

M字には効き辛い

 

実は、プロペシア、ミノキシジル共に、M字部分には効果がなかなか出ません。

 

コレは、AGAクリニックの無料カウンセリングを受けてみると分かります。

 

一番正直で良心的なヘアメディカルさんの無料カウンセリングを受けてみたところ、

 

「M字部分は治療が難しく、産毛で目立たなくなるくらいを想定して下さい」と説明を受けました。

 

 

M字はげの場合、副作用と無縁で髪の毛をフッサフッサに出来る

M字はげの避けるべきところ、目指すべきところのマトリックス

 

 

実は、M字ハゲだけ」が悩みの場合は、これらの代償を支払わずにカッコいい生え際になれるんです!

 

にも関わらず、それを知らずに多くのM字ハゲ患者が、「性機能障害のリスク、毛深くなる、一生薬を飲む」という3つの代償を支払っています。

 

M字はげが自由と髪をつかめるのは自毛植毛!

M字はげ治療の病院※AGA治療で精子レス・勃起障害にならない裏ワザ

 

コレは、アイランドタワークリニックという自毛植毛専門クリニックの症例写真です。

 

自毛植毛とは

自毛植毛とは

 

自毛植毛というのは、後頭部のAGAの影響を受けない髪の毛を気になる部分に移植する施術のことです。

 

後頭部の髪の毛はAGAの影響を受けない性質を持ち、その性質は移植後も引き継がれます。

 

なので、自毛植毛の髪の毛は半永久的に生え続けます。

 

大体、施術から1ヶ月後に全て抜け落ちて、半年〜8ヶ月程度で髪が生えそろいます。

 

薬を無理やり飲ませない、自毛植毛専門のクリニックを選べ!

 

実は、自毛植毛クリニックにも二通りあるのです。

 

 

×プロペシアを勧める自毛植毛クリニック

 

プロペシアを無理に勧めず、自毛植毛だけで完結させてくれるクリニック

 

 

自毛植毛+薬で稼ぐクリニックに注意!

 

自毛植毛を行っているクリニックでは、「薬を飲まないとせっかく移植した毛が抜ける」という半ば脅迫めいた文句で、高額のオリジナル医薬品を勧めるクリニックも少なくありません。

 

彼らは「飲まないと抜ける」という文句を使うのですが、自毛植毛はAGAの影響の無い部位の毛を使うので、そもそも薬の服用をしなくても抜けないのです。
そんな中で、プロペシアの服用を勧めずに、むしろ自毛植毛だけで完結することを売りにしている自毛植毛専門のクリニックがアイランドタワークリニックです。

 

M字はげ治療で損をしないのは、現状プロペシアを勧めないこのクリニックだけ

 

アイランドタワークリニックは植毛だけ

※アイランドタワークリニックのパンフレットの一部

 

2017年6月現状、自毛植毛の患者にプロペシアを無理に勧めないのはアイランドタワークリニックだけです。

 

無料カウンセリングでは、実際に自毛植毛を受けたカウンセラーが自らの頭髪を見せてくれます。

 

私も、おでこの相談に行ってきたのですが、先にコンプレックスを晒してくれたので、「みじめ」な思いをせずに相談することが出来ました。

 

「髪を増やす=性機能閉鎖&一生薬漬け」という価値観だったので、目の前が1つ開けましたよ。

 

 

 

 

 

以下、サブコンテンツ

 

M字ハゲに用いられているAGA治療の種類

 

投薬治療について|M字部分には有効か?

 

どのクリニックでもやることは、プロペシア、内服ミノキシジル(ミノタブ)、外用ミノキシジルの組み合わせ。

 

コレで治らなければ、高額なメソセラピーに手を出すことになります。

 

頭頂部から来ている薄毛にはかなり効果があるが、M字には産毛程度の効果しかないと説明を受けますし、ミノキシジル外用薬のロゲインの説明書にもその事は明記されてあります。

 

プロペシアには、精子に対する影響があるとYahooNewsでも取り上げられており、妊婦が触るだけで胎児の性器に奇形が生じる恐れがあると、販売元のMSDは注意を喚起しています。

 

独身男性が投薬治療を受けるということは、その後の子作りに対して大きな不安を抱えることになります。

 

すでに子どもが育っており子作りの予定が無い既婚男性であれば先立つ不安が少ないためハードルが低くなります。

 

HARG療法はM字ハゲに有効か?

 

HARG療法は幹細胞から抽出した成長因子AAPEをビタミンやタンパク質、アミノ酸などの栄養と共に注入します。

 

髪の毛が自分の細胞の力で再び正常なヘアサイクルを取り戻すことを目的にしており「治療が終わった後でも髪が生え続ける」という特徴を持っています。

 

「まだ独身なのでプロペシアを飲みたくない」という人には希望の光となり得る治療です。

 

しかし、「M字部分は一番最後に治療の効果が出る」とHARG療法で一番有名なHARG治療センターの電話受け付けの方は仰っていました。

 

頭頂部などには効果が出やすいが、HARG療法ではM字、生え際の薄毛に対しては効果が保証できないとのことです。

 

薄めた偽物を使っている業者も居ると、安売りしているクリニックに対し、別のクリニックがクレームをつけるなどのトラブルも起きています。

 

管理人の感想

 

ハーグ療法は半年間で120万円ほどかかるので、そのお金があれば自毛植毛を受けた方が経済的です。
また、人生の中で「フサフサで過ごす時間」をより多く過ごせるのも自毛植毛に軍配が上がります。

 

M字ハゲ治療 メソセラピー

 

頭皮に直接、成長因子を注入する施術。

 

ミノキシジルやその他の栄養素が含まれており、その内容はクリニックによって異なります。

 

一回の費用が5万円〜30万円とピンきりであり、投薬を続けても変化が無い場合に、患者はこのメソセラピーをAGAクリニックから勧められることになります。

 

メソセラピーを行っているクリニックの症例写真よりも、メソセラピーを行っていないヘアメディカルの奨励写真の方が髪の増え方がしっかりしていると感じることもあります。

 

M字ハゲ治療 グロースファクター再生療法

 

HARG療法の廉価版というキャッチコピーで進めているクリニックを見かけます。

 

半年で70万円程度の費用がかかります。

 

注射器で頭皮に成長因子を直接注入し、発毛を促します。

 

メソセラピーにも言えることなのですが、基本的にAGA治療薬との複合で使われることがほとんどです。

 

AGA治療薬と合わせて使うことで効果を発揮するタイプの薄毛治療です。

 

M字ハゲ治療 最も確実な自毛植毛

 

M字部分であれば、プロペシアもミノキシジルも効かないので、自毛植毛を行うのが一番賢い選択だと管理人は思っています。

 

自毛植毛は、半年で確実に生えて、半永久的に生え続けるので、「人生の中でフサフサで過ごす時間が一番長い治療」です。

 

後頭部が薄毛の場合はコストがかかりすぎるし、プロペシアで薄毛の進行を抑える必要があるかもしれません。

 

ただ、男性がかっこよくなりたいのは、最終的に女性とデートをして子どもを作って、暖かい家庭を作るとかの夢がある訳ですよね?

 

プロペシアでいざという時に生殖器が役に立たず、それどころか子作りに不安を残すのは本末転倒では無いでしょうか?

 

幸い、M字部分のみの治療であれば、一部の自毛植毛クリニックでプロペシアを飲まずに治療が可能です。

 

 

 

プロペシアやミノキシジルによる治療は「悪」なのか?

 

プロペシアが完全に「悪」という訳ではありません。

 

このリスクに見合った成果(毛量)が得られる人が服用すべきだと当サイトでは考えています。

 

例えば、頭頂部の薄毛に悩んでいる人に対しては、プロペシアと内服ミノキシジルの組み合わせは半年間で見違えるほどの効果をもたらします。

 

投薬のAGA治療が合っているかの、適正チェック

AGA治療の適正チェック

 

1領域の人

 

頭頂部の薄毛には、プロペシアとミノキシジルが効果的なので治療の方法としてはマッチしています。

 

しかし、子作りを控えている場合にはプロペシア(フィナステリド)の服用には慎重になりましょう。

 

2領域の人

 

頭頂部は、プロペシア、ミノキシジルによる発毛効果が出やすいです。
そして、子どもが既に大きくなっており、今後、子作りの予定も特に無いのであれば治療に対してのハードルはぐっと下がります。

 

3領域の人

 

まず、子作りの予定がある時点でのプロペシア(フィナステリド)の服用は危険です。

 

子どもに奇形などの異常が出てしまう可能性も有り、恐らくAGAクリニックの無料カウンセリングでもSTOPが入ります。

 

それだけでなく、M字部分にはプロペシア、ミノキシジルの効果が出難いため、リスクに対して得るものが釣り合っていないと言えます。

 

4領域の人

 

子作りの予定が無ければ、薬によるAGA治療に対しては心配事が1つ無くなります。

 

しかし、M字部分にはAGAクリニックで使われているプロペシア、ミノキシジルの効果が出にくいため、オススメは出来ません。

 

 

プロペシアに対して、管理人の本音

 

そもそも、「女性と性行為をしたい」という願望が少しでも残っているのであればプロペシア(フィナステリド)を服用すべきではありません。

 

私は、そう思います。

 

同じロジックで働く、デュタステリド、ザガーロ、アボルブについても同じです。

 

世界中で、性機能障害の症例が上がっています。

 

⇒AGA治療とセックス、プロペシアと世界の被害者

 

こちらの記事も参考にして頂けると幸いです。